公式HPの今日のカードが更新。

今日は、ヒッポスの剛獣騎兵です。
 
mc_today259
2枚目のPRカードは、ヒッポス&タウラスの強化カードです。
5/4/5と基礎値割れしていますが、常備能力と特殊能力で補われている形です。
英雄ではないので妥当なスペックと言えるでしょう。

特殊能力は「防御力+3」or「耐性:すべてのダメージ属性」を対抗連鎖終了時まで得る能力です。
コストが手札2枚破棄と重く、使いどころが難しいですが、その分効果は大きいですね。
アンネローゼと違い、確実に防御力が上がる点は評価できます。
まぁ、ヒッポスの防御力はピカイチなので、どちらかというと耐性付与がメインになりそうではありますが。

また、英雄でないことも重要です。
今まで非英雄の5レベルヒッポスは2種、英雄を含めても3種と少なく、盤面展開に不安がありました。
4種となればデック採用での幅も多少は広がり、盤面上の不安も解消されることでしょう。

一方、タウラスサイドで見た場合、あまり有効なユニットではない気がします。
まず、水スペル枠が余ってしまう、ということ。
タウラスがアイテム単なので、必然的にデックも重アイテムとなるでしょう。
そこにスペルを絡ませるとデックが捩じれてしまい、扱いが難しくなってしまいます。
タッチで入れるのしても、このユニットだけしか使用できないのであれば、寧ろ入れない方が強い気がします。

第2に似た能力を持つユニットが同レベルで既にいるということ。
角将キハダは攻防を+3/+3するので、反撃にもつながりとても強力です。
耐性を得られるかどうかという違いは重要な気もしますが、そこはアイテムで上手く対処すれば良いと思います。

第3に飛車王メバチのコストにならないということ。
両英雄のコストにならないのであれば、手札で腐ることも多いので個人的に微妙です。
タウラスは◎特殊能力を何回使用できるかで全然強さが違いますからね。

ということで、ヒッポスには必須級のカードですが、タウラスで組むのであれば微妙という感じです。
むしろイニシアチブ-2くらい持っていて、確実に後攻からスタートするくらいでも良かった気はしますね。


それにしても昨日のオークとは正反対の渋いイラストです。
ヒッポスなのにカッコイイなんて・・・なんか凄いですね。